2021年にVtuberを初めて稼げる?稼げない?現役動画投稿者が解説

2021年にVtuberを初めて稼げる?稼げない?Vtuber

今から3年ほど前、YouTube界で革命的なジャンルが登場しました。

それは「Vtuber」、つまりバーチャルなユーチューバーのことです。

今までのユーチューバーのスタイルでは顔出しする必要がありましたが

Vtuberスタイルであれば顔出しをせずに動画にオリジナリティやバラエティ性を追加することができるようになりました。

Vtuberはたった1年ほどの活動でチャンネル登録者数が10万人を超える方も多く、スパチャなどで月100万以上稼ぐ方もいるようなビックコンテンツです。

そのような成功している方を見ていると、「自分もVtuberになって稼ぎたい!」と考える方もいると思います。

しかし、現在2021年に活動を初めて稼げるのでしょうか?

そこで今回は、現役でYouTubeに動画投稿している私

「2021年からVtuberを初めて稼げるのか?」

について解説していきます。

ゆっくり雑談解説氏【cHask】
仮面ライダー関連のゆっくり解説&雑談を投稿しています。 チャンネル登録、高評価してもらえると動画製作の励みになるので、お願いします。 #仮面ライダーゆっくり解説 #仮面ライダー #ゆっくり解説 #cHask ゆっくり雑談解説の再生リスト↓ Twitter↓ このチャンネル↓ ニコニコ動画にも投稿はじめました!↓ ...

「Vtuberってもうオワコンじゃないの?」「新規で伸びるのかな?」など、不安に思っている方は是非最後まで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

Vtuber自体はオワコンなのか?

最近、よくVtuberはもうオワコンっと言われることがありますが、Vtuber自体は2021年でもオワコンではありません!

ただし、Vtuber界隈の世代交代は進んでいます。

2、3年ほど前までVtuber界の四天王と言われていたチャンネルの多くは、2021年にはチャンネル登録者数と直近の動画の視聴回数に差が大きくあります。

一方で、にじさんじやホロライブといった大手Vtuber事務所に所属しているVtuberはチャンネル登録者数と直近の視聴回数に差は見られません。(むしろ、視聴回数の方が多い場合も)

そのため、2021年にVtuberを始める場合はにじさんじやホロライブのような事務所に所属しているVtuberを参考にしなければ、Vtuberとして活動していくことは難しいでしょう。

では、大手事務所に所属しているVtuberにはどうのような特徴があるでしょうか?

特徴を振り返りながら、自分にはVtuberが向いているのか判断していきましょう♪

動画ではなく生放送メイン

今、勢いのあるVtuberの多くは生配信がメインの活動となっています。

生放送だと、

  • 何が起こるか分からない
  • 生リアクションが楽しめる
  • リスナーとの距離が近い
  • 編集に割く時間を取らなくていい
  • 切り抜きで布教してもらえるかも

といったメリットがあります。

この中でもリスナーとの距離が近いというのは大きなメリットです。

昨今、AKBグループや坂道グループなどお実際に会いに行けて距離感が近いアイドルが人気になる傾向があります。

Vtuberの場合も同じで、ライブ配信でコメントをすれば配信者はそれに答えてくれるため、視聴者としても嬉しくファンになりやすいです。

そのため、生放送活動ができない方はVtuberには向いていないでしょう。

生放送の環境的な問題だけでなく、性格的に向いていない場合もあります。

思い当たる方は下の記事を合わせて読むことをおススメします。

2021年,動画投稿と生配信どっちがいい?YouTube投稿者が解説
「動画投稿と生放送どっちをメインにするか迷っている!」 動画と配信だとそれぞれに良さがあるから、どっちをメインの活動にするか迷いますよね。 この記事ではあなたが動画投稿と生配信どちらに向いているのかを現役動画投稿者が解説します。...

事務所の繋がり(箱)がある

大手事務所にはいろんなVtuberが所属しています。

そのため、コラボで活動することも多くて視聴者さんがいろんなVtuberに興味を持ちやすい環境作りがされています

(各事務所の公式チャンネルでコラボ動画を投稿したりなど)

また、Vtuberのファンには箱推し勢(一個人を推すのではなく、事務所に所属している方全員を推すファン)が一定数存在するため

新規のVtuberであっても事務所に所属しているだけでファンがつくメリットがあります。

以上のことから、大手ではなくても事務所に所属すると活動しやすく、活動の幅も増えやすいです。(特に、活動初期は収益化が通らなければ基本的に赤字なので、事務所パワーで一気に収益化まで持っていけるのは大きい)

しかし、Vtuberの求人倍率は60倍を超えると言われており、誰でも事務所に入れるわけではありません。

しかも、事務所としては即戦力を望んでいるので動画投稿や配信活動経験者が採用されやすいです。

そのため、事務所に入れず個人で活動する場合は自分から積極的に他のVtuberに連絡を取った方が良いです。

2021年から始める場合は自分でVtuberサークルなどを立ち上げるともっと良いです。

そのような自分から行動することが苦手な方は事務所に合格するまで粘るか、潔くVtuberになることを諦めた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

他のVtuberより人気になれるのか?

Vtuberはオワコンではないという話をしましたが、あなた自身が人気になれるかどうかは別の問題です。

今、Vtuberの多くは二次元の画像を動かして生配信を行う方が非常に多いです。

(検索しても中々出て来ないチャンネルまで含めるととんでもなく多い!)

なぜなら、Vtuberになることへのハードルが非常に低いからですね。

そして、参入ハードルが低いジャンル全般に言えることですが、そのようなジャンルは弱肉強食の世界です。

ゲーム実況や一般的なユーチューバーも同じですが

トーク力、リアクション力、ゲームの上手さ、モデルの可愛さ、声の良さ、性格、運、その他魅力全般

これらを駆使して他のVtuberよりも良い形で目立たなければ、一向に視聴者さん達はあなたのことを見つけることができません。

見つけてもらわなければ登録だってしてもらえるわけありません。

しかも、良い形で目立つのに正解なんて無いです。

みなさん持っている魅力やスキルが異なる上、Vtuberは何でも幅広く出来るジャンルであるため個別でコンサルを行わないと正解は見つかりません。

誰にでもできることでアドバイスをするなら、資金を使って広告に出すのは成功しやすいやり方の一つです。

しかし、広告を通してあなたの魅力が伝わらなければただ赤字になるだけで終わります。

そのため、なんでも良いので人には絶対負けない特技や好きな物がある方はVtuberになっても成功しやすいでしょう

特技や好きなものを生かしたジャンルに特化して活動を行うことでファンもつきやすくなります。

2021年YouTubeで稼げるジャンル5選!現役投稿者が解説,月収10万?
「YouTubeで稼げるジャンルが分からない、、」 このような悩みはありませんか? 今回は現役動画投稿者である私が 個人的に熱いと思うYouTubeのジャンル について話します! YouTubeに動画投稿しているcHa...
スポンサーリンク

まとめ

今回の話をまとめると

Vtuber自体はオワコンでは無いため、Vtuberになることはオススメできる

しかし、生放送を行える方で自分から率先して仲間を増やすことができ、誰にも負けない特技や好きな物を持っている人物でないと2021年ではVtuberとして成功しづらいです。

Vtuber界は他のジャンルよりも弱肉強食ですが、挑戦する価値は十分にあるので頑張ってみてください!

また、Vtuberの多くはゲーム配信を行います。

下の記事では2021年におススメな配信用ゲームの特徴をまとめてあるので合わせて読むことをおススメします。

2021年ゲーム配信にオススメゲーム4選!元実況者が特徴解説YouTube

コメント

タイトルとURLをコピーしました