【初心者YouTuber向け】オススメ動画編集用ノートpcを登録者1万人超えが紹介【比較】

【初心者向き】オススメ動画編集用ノートpcを登録者1万人超えが紹介【比較】YouTube初心者向け

この記事は以下の悩みや要望がある方向けの記事です。

  • 動画投稿を始めたいけどpcを持っていない
  • 動画編集出来るノートpcを知りたい
  • 安価でYouTube向きのpcを知りたい

現在YouTube市場は急速に拡大しており、多くの方が動画投稿を始めたいと考えています。

しかし、家電量販店やAmazonで販売されている動画編集用pcには価格と性能が見合わないボッタクリ商品も多く、大勢の方がお金と時間を無駄にしてきました。(私もです)

そこで、この記事では登録者数1万人超えの私が

これからYouTubeを始める初心者向きにオススメのノートpc

を解説します。

記事製作者 cHask

*ブログのアイキャッチ(サムネ)はCanvaで制作しています。

スポンサーリンク

【極論】別にノートpcは絶対必要ではない

まずオススメのノートpcを紹介する前に、本当にpcを用意しなければならないのか見極める必要があります。

というのも、私は現在運営しているチャンネルの前はほぼiPhoneとps4だけで登録者数1000人以上のゲーム実況チャンネルを運営していました。(オワコンになったけど笑)

そのため、動画投稿=必ずpcを用意しなければならないという事はありません。

特に、Vlog系や物申す系、ショート動画系YouTuberはスマホ一つで動画撮影から編集までして登録者数10万人超えの方も多いです。

高価な動画投稿機材を揃えれば必ず登録者数1000人を余裕で超えて収益化出来るわけではないので、本当にpcが必要なのかよく考えてから購入してください。

個人的にはテロップ入れやbgmの追加だけで済む簡単な動画を投稿する場合、登録者数1000人を超える確信が持てるまでは動画用にpcを購入する必要は無いと考えています。
スポンサーリンク

初心者向けオススメのノートpc3選!

動画編集で用いるノートpcには最低限、以下のスペックが必要になります。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i3以上
RAM(メモリ)8GB以上
SSD容量(保存容量)100GB以上

実は上のスペックに相当するノートpcは家電量販店などでも販売されていますが、以下の要素を含んでいるため価格が10万を余裕で超えてしまいます。(Windowsをオススメする理由はこちらから)

  • 家電量販店の土地代や電気代
  • アルバイトスタッフのバイト代
  • 余計過ぎる付属ソフト&保証
  • チラシやCM費用

そのため、コスパ良く動画編集用ノートpcを購入したいのであれば、有名BTOパソコンメーカーから購入することがオススメです。

BTOパソコン:ユーザーの要望に合わせて性能をカスタマイズ出来るpcのこと。基本的にネット販売のみ。

有名BTOパソコンメーカーは実店舗持たずにネットが販売が主流であり、余計な付属ソフトは一切付いてこないので家電量販で10万を超えるpcでも7~8万円、セール時なら6万円台で購入出来ます。

以下では有名BTOパソコンメーカーの中でも、上のスペックを満たすノートpcを目的別に紹介します。

【コスパ重視の方へ】mouse F5-i5

mouse F5-i5(上画像)は乃木坂のCMでも有名なマウスコンピューターが販売している79,800円(現在セール中)のノートpcです。

スペックは以下の通りで動画編集に必要となるスペックは十分に備えています。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル Core i5-10210U
GPU(グラフィックス)インテル UHD グラフィックス
RAM(メモリ)8GB (8GB×1)
SSD容量(保存容量)256GB

上のスペックのpcだと動画編集が難しいゆっくり実況・解説も何の不自由も無く編集することが可能です。(参考動画はこちら

mouse F5-i5のオススメポイント

  • 15.6型の大型ディスプレイで動画編集画面が見やすい
  • CPUが第10世代のCore i5であるため性能が高い
  • 光学ドライブが有り、DVD&Blu-rayの再生可能
  • SSDに保存するため起動・データの読み込みが早い

mouse F5-i5のここがダメ

  • pc本体が大きいので重たい(2kg越え)
  • 接続できる端子が多いので見た目は悪い
  • 保証は一年間(家電量販店より短い)
  • 保存容量は動画投稿では少なめ

mouse F5-i5の総評

mouse F5-i5は価格と性能が非常にいいバランスのpcですが、その分pc本体重量は重くて外出時に持ち歩くのには向いていません。

また、保存容量が256GBと少なめですが、外付けハードディスクやカスタマイズで容量を増やすことが可能です。

総括すると、「家の中でしか編集しないから安くて高性能なコスパに優れたpcが欲しい方」にオススメです。

【10万でハイスペック】FRLN713/D


FRLN713/Dは家電量販店として有名なヤマダ電機が運営するBTOパソコンメーカーFRONTIERが販売する119800円(税込み)のノートpcです。(ライトゲーマー向けと書いてありますが、動画編集も余裕で出来ます)

販売のトップは家電量販店ですが、FRONTIERはBTOパソコンメーカーの中でも全体的に商品が安いことで有名です。

スペックは以下の通りで動画編集どころかpcゲームまで出来るほどのスペックを持っています。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル Core i7-10750H
GPU(グラフィックス)NVIDIA GeForce GTX1650
RAM(メモリ)8GB (8GB×1)
SSD容量(保存容量)240GB

FRLN713/Dは先ほどのmouse F5-i5からCPUとGPUの性能を引き上げたスペックになっています。

特に、GPUに搭載されているGeForce GTX1650のおかげで動画編集時のエンコード(編集した動画をmp4などに書き出すこと)時間が搭載していない状態と比べると、倍以上早くなります。

*GeForce GTX1650が無いと、1080p/60fpsで約10分の動画をエンコードするのに30分以上もかかる

普通に家電量販店でこのスペックのpcを買うと、確実に17万ほどするので非常に安いです。

FRLN713/Dのオススメポイント

  • 15.6型の大型ディスプレイで動画編集画面が見やすい
  • CPUが第10世代のCore i7。ノートpcでは最高スペック
  • 軽いpcゲーム(Fortniteなど)は普通にプレイ出来る
  • SSDに保存するため起動・データの読み込みが早い

FRLN713/Dのここがダメ

  • DVD&Blu-rayは再生出来ない
  • 保証は一年間(家電量販店より短い)
  • 保存容量は動画投稿では少なめ
  • すぐ完売する

FRLN713/Dの総評

FRLN713/Dは高性能CPUと高い映像処理能力を持つGPUが搭載されていることで、動画編集はもちろん快適な上、エンコードまで早くなっています。

しかし、DVD&Blu-rayを再生する光学ドライブがついてい無い為、動画編集ソフトは「ダウンロード版を買う」か「外付けの光学ドライブを購入して読み込む」必要があります。

総括すると、「編集ソフトはダウンロード版しか買わないから安くてハイスペックなノートpcが欲しい方」にオススメです。

FRLN713/Dを実際に見る

【新品で一番安い】STYLE-15FH050-i3-UCCX-D

icon

icon

15FH050-i3iconは国内トップクラスのBTOパソコンメーカーパソコン工房が販売する64980円(税抜き)のノートpcです。

スペックは以下の通りで、RAMが4GBしかありません。(本当は8GB欲しい)

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル Core i3-10110U 
GPU(グラフィックス)インテル UHD グラフィックス
RAM(メモリ)4GB (4GB×1)
SSD容量(保存容量)250GB
RAM:pcが作業するときに使うメモリ。保存用メモリ(ROM)とは異なる。よくRAMは机、ROMは本棚と例えられる。スマホでよくある「128GB」はROM。

基本的にRAMが4GBの場合、軽い編集ソフトで動画編集しなければなりません。(Filmoraや無料編集ソフトなど)

そのため、お金に余裕がある場合はカスタマイズでRAMを8GBにすると、どんな編集ソフトでも快適に動きます。(8GBに変更は+3,980円で可能)

15FH050-i3のオススメポイント

  • 15.6型の大型ディスプレイで動画編集画面が見やすい
  • CPUが第10世代Core i3。YouTubeの動画なら編集可能
  • DVD&Blu-ray再生可能。編集ソフトもディスクから読み込み可能
  • SSDに保存するため起動・データの読み込みが早い

15FH050-i3のここがダメ

  • RAMが4GBなので編集中に重いソフトは開けない
  • 保証は一年間(家電量販店より短い)
  • バッテリーが5時間分しか無いのでちょっと短い
  • 重量が重い(2kg超え)

15FH050-i3の総評

15FH050-i3はRAMが4GBしか無いことが一番のネックとなっているので、PowerDirectorAdobeなどの高機能編集ソフトを使いたい場合はあまりオススメ出来ません。

逆に、FilmoraやAviUtlの使用を考えているのであれば、15FH050-i3でも十分動画編集は可能です。(Fimoraでどれくらいの編集が出来るのか気になる方はこちらの動画で確認できます)

総括すると、15FH050-i3は「最も安くて動画編集が出来るノートpcが欲しい方」にオススメのノートpcです。

15FH050-i3を実際に見てみる

スポンサーリンク

まとめ

動画編集出来るノートpcでオススメなのは以下の3種類です。

  • 一番無難でコスパに優れた「mouse F5-i5
  • 10万円で編集時間短縮&pcゲームも出来る「FRLN713/D
  • 安くてもYouTubeの動画編集なら十分な「15FH050-i3icon

用途や金額に合わせて選んでもらえると、嬉しいです。

また、下の記事では動画編集にオススメのソフトを紹介しています。
動画編集ソフト初心者にオススメはどれ?
合わせて読むとオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました