【簡単無料】スマホでゆっくり実況の作り方を動画投稿者が解説!

スマホでゆっくり実況の作り方を動画投稿者が解説!ゆっくり実況・解説

「ゆっくり実況をやりたいけど、pcを持っていない!」

「スマホの方が使いやすいからスマホでゆっくり実況したい!」

このような悩みはありませんか?

この記事ではYouTubeにゆっくり解説の動画を投稿している私が

スマホでゆっくり実況の作り方

を解説します。

記事製作者cHask

*ブログのアイキャッチ(サムネ)はCanvaで制作しています。

スポンサーリンク

スマホでゆっくり実況の作り方・準備編

まずはスマホゲーム実況の基本となる作業について解説します。

ゲームをプレイ&録画

ゆっくり実況では、ゆっくり音声を作る前に実況するゲームのプレイ&録画が必要です。

なぜなら、ゆっくり実況は通常の実況のようにゲームをしながら実況するのでは無く、ゲームをプレイした後にゆっくり音声で実況を後付けするからです。

ここでは、「スマホゲームのゆっくり実況」と仮定してiPhone/Androidの録画方法を解説します。

任天堂Switchなどを実況する場合は下の記事を参考にして、スマホに録画した動画を転送してください。
任天堂Switchでゲーム実況する方法を元実況者が解説

iPhoneのゲーム録画方法

  1. 「設定」から「コントロールセンター」へ移動
  2. 「コントロールの追加」から「画面収録」を追加
  3. ゲームを起動した状態でコントロールセンターから画面収録を開始(ゆっくり実況の場合はマイクをオフ)
  4. 撮影が終わったら画面収録をコントロールセンターから中止
  5. ゲーム録画が「写真」に保存される

Androidのゲーム録画方法

  1. 「ウイック設定」にあるえんぴつのアイコンをタップ
  2. 「スクリーンレコード」のアイコンを「クイック設定」に追加
  3. ゲームを起動した状態でクイック設定からスクリーンレコードを開始(ゆっくり実況の場合はマイクをオフ)
  4. 撮影が終わったら通知バーからスクリーンレコードを停止
  5. ゲーム録画が「フォト」に保存される(一部Androidでは異なる)

動画編集ソフトを用意

次に動画編集するソフトを用意します。

ゆっくり実況で欲しい最低限の動画編集機能は以下の4つです。

  • 動画のカット
  • 音声の追加
  • 画像の追加
  • 字幕の追加

これらが揃っていれば何の編集ソフトでもゆっくり実況を作れます。

下ではオススメの編集アプリ4つを紹介します。

Cap Cut

Cap Cutは無料でありながらロゴ表示無しで使える動画編集アプリです。

TikTok動画の編集でもよく使われているため、下のアイコンを見た事がある人も多いかもしれません。

詳細なインストール方法や使い方は下の記事でも紹介しているので気になる方は読んでみてください。
【参考記事】動画編集アプリ「CapCut」が神過ぎてオススメ!

CapCut - 動画編集アプリ

CapCut – 動画編集アプリ
開発元:Bytedance Pte. Ltd
無料
posted withアプリーチ

 

InShot

InShotは広告を見る事で課金をしなくても様々なフォントやbgmを使える動画編集アプリです。

しかも、ロゴ表示なども無いためインスタ用の動画などにも頻繁に利用されています。

詳しい使い方や特徴などは下の記事で紹介しているので参考にしてください。
【参考記事】広告見れば無料になる動画編集アプリIn Shotの使い方

InShot - 動画編集&動画作成&動画加工

InShot – 動画編集&動画作成&動画加工
開発元:InstaShot Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

PowerDirector

pc用の動画編集ソフトとして有名な「PowerDirector」のスマホアプリ版です。

無料でありながら豊富なテンプレートがあり、pc版と変わらないくらいの編集が出来ますが、ロゴが表示されます。

詳細な使い方は下の記事を参考にしてください。
【参考記事】動画編集アプリPower Directorの使い方を解説!

PowerDirector 動画編集&作成&加工アプリ

PowerDirector 動画編集&作成&加工アプリ
開発元:CyberLink
無料
posted withアプリーチ

Adobe Premiere Rush

こちらもpc用動画編集ソフトで最も有名な「Adobe」のスマホアプリ版です。

無料でロゴも表示されず、pc版と変わらない編集が出来ますが、三回動画を作ると以降は有料になります。

有料でも良い場合は全スマホ編集アプリで1番オススメのアプリです。

有料のコードはこちらから購入出来ます。

Adobe Premiere Rush:ビデオ編集&動画作成

Adobe Premiere Rush:ビデオ編集&動画作成
開発元:Adobe Inc.
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

スマホでゆっくり実況の作り方・ゆっくり編

ゲーム実況の準備は出来たので、ゆっくりに関する解説を行います。

ゆっくり立ち絵の用意

まずはゆっくりの立ち絵を用意しましょう。

ゆっくりの立ち絵は下のサイトでダウンロードすることが可能です。

お好きなキャラを検索・選択してダウンロードしてください。

無事にダウンロード出来ると、編集アプリで画像を追加する時にゆっくりの立ち絵を選べるようになります。

もしzipファイル(名前の後に「.zip」がつくファイルのこと)をダウンロードした場合はスマホでは開くことが出来ません。

なぜならzipファイルには「解凍」というファイルを使えるようにする作業が必要だからです。

iPhoneであれば「ファイル」から解凍できますが、Androidの方は下のアプリで解凍出来ます。

WinZip – Zip 圧縮・解凍ソフト

WinZip – Zip 圧縮・解凍ソフト
開発元:WinZip Computing LLC
無料
posted withアプリーチ
注意:ゆっくりの立ち絵には商用利用(YouTubeの広告収入も含む)出来ない素材も存在します。必ず素材ごとの利用規約を確認してください。

追記
nicotalk&キャラ素材配布所で配布されている素材はYMMで使う事が前提であるため、目や口などのパーツはバラバラに保存されています。

動画編集アプリ上で目や口を設置する事も可能ですが、めんどくさい場合やレイヤー数に上限がある場合は目や口が顔パーツと一体化した素材を用いると便利です。

例えばニコにコモンズで配布されている下の素材は固定された魔理沙の表情が9つ入っているので編集アプリ上で使いたい表情を切り抜けば簡単に利用できます。
https://commons.nicovideo.jp/material/nc30652

ゆっくり音声の用意

次に、ゆっくり実況で1番大切なゆっくり音声を用意します。

基本的にpcでのゆっくり音声はゆっくりムービーメーカーを用いますが、スマホ版は存在しないので下の読み上げ「ゆっくり棒読みトーク」のアプリを用います。

読み上げ「ゆっくり棒読みトーク」

読み上げ「ゆっくり棒読みトーク」
開発元:Nekomimimi
無料
posted withアプリーチ

このアプリを用いると、下画像のように入力した文字をゆっくり音声として保存することが出来ます

音声は速度や簡単なエフェクトをつけることも可能なので、自由に音声を作成・保存してください。

保存した音声を動画編集アプリで読み込むことでゆっくり音声をゲーム実況に追加できます。

注意:読み上げ「ゆっくり棒読みトーク」は(株)アクエストの音声合成ライブラリAquesTalkを使用しています。商用利用・営利目的(YouTubeの広告収入も含む)の場合は有料のライセンスが必要です。
AquesTalkのライセンスについては下の記事で解説しています。

ゆっくりは商用利用できる?ライセンス買うべき?

スポンサーリンク

スマホでゆっくり実況の作り方・実践編

ここからは使用スマホはiPhone、動画編集ソフト「PowerDirector」でゆっくり実況の編集様子を解説します。

まず、編集アプリ「PowerDirector」を起動した時に録画動画の比率を選択します。

スマホ編集・画面比率

比率選択後、動画を選択するように促してくるのでゆっくり実況に使いたい動画を選んでください。

動画選択後、下の画像のようになります。

スマホ編集・ゲーム追加

次にゆっくりの立ち絵と音声を読み込みます。

立ち絵は上画像の赤い点がついている部分をタップすると、画像を選択出来るので使いたいゆっくり素材を選んでください。

ゆっくり音声は読み上げ「ゆっくり棒読みトーク」で作成し、「アプリ連携」からスマホ上のファイルに保存してください。

保存した音声は上画像の「♫」をタップすると選択・読み込みが可能です。

テキストも追加すると、下画像になります。

スマホゆっくり編集・編集

後は自分のスタイルに合わせて、bgmを追加したり、カットなどを行って調整します。

ゆっくり実況編集後は右上にあるエクスポート(↑)をタップすると動画に出力出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

ゆっくり実況はスマホでもアプリを組み合わせることで作成出来ますが、pc用のゆっくり実況ソフト「ゆっくりムービーメーカー」に比べると非常に手間がかかります。

ゆっくり実況は安いパソコンでも作ることが出来るので、お金に余裕がある方はパソコンを購入することがオススメです。

下記の大手BTOパソコンメーカーは家電量販店よりも安く高性能なpcを買えるので非常にオススメです。

  • パソコン工房…運営歴が長い老舗BTOパソコンメーカー。1番多くのパーツを取り扱っている。実店舗も多いので対応や保証が丁寧で受けやすい。
  • FRONTIER…ヤマダ電機が運営する人気急上昇中のBTOパソコンメーカー。ヤマダの財力によって他店舗より全体的に安い。コスパ重視の方向け。
  • マウスコンピューター…CMで知名度No1のBTOパソコンメーカー。プロゲーマーが扱うゲーミングpcのG-Tuneは超ハイスペで有名。性能重視の方向け。
  • ドスパラ…どこよりも早く出荷するBTOパソコンメーカー。ゲーミングpcのGALLERIAシリーズはコスパが最強。安くゲーミングpcを買いたい方向け。

安いパソコンを探している場合はFRONTIERかパソコン工房がオススメです。

下の記事では私も使っているノートパソコンを紹介しているので参考にしてみてください。
【参考記事】オススメ動画編集用ノートpcを紹介【比較】

下の記事ではゆっくり実況に向いているゲームの特徴も解説しているので参考にしてください。
ゆっくり実況に向いてるオススメゲーム3選!

コメント

  1. 匿名 より:

    無料の編集アプリでは、ゆっくりの立ち絵が『体・目・口』の3つ以上で構成されている都合上、レイヤーの数に制限がかかり上手く表示できないことがあります。

    • cHaskcHask より:

      レイヤー数の関係でゆっくりの立ち絵を上手く表示できない場合は「体・目・口」が一体化したゆっくり素材を用いるか、別アプリで「体・目・口」を事前に一体化した素材を作成しておくとオススメです。
      事前にパーツを一体化する場合、アプリによっては背景を削除できない事がありますが、動画編集アプリ上でクロマキー合成を行えばゆっくり立ち絵の背景色を透明にする事が可能です。(ただし、背景色をゆっくりの立ち絵に含まれる色と違う色にしておく必要があります)

タイトルとURLをコピーしました