【裏技】動画の再生回数を非表示にする方法を解説【YouTube】

YouTube

「自分の動画の再生回数を非表示にしたい!」

「再生回数が分からない方が動画って伸びるんじゃない?」

このような悩みはありませんか?

YouTubeに動画投稿を始めたときは誰でも再生回数が一桁で止まってしまうことが多いため、再生回数を非表示にしたい方も多いと思います。

そこで、この記事では

動画の再生回数を非表示にする裏技

を解説します。

記事製作者 cHask

*ブログのアイキャッチ(サムネ)はCanvaで制作しています。

スポンサーリンク

再生回数を非表示にするメリット

まず、再生回数を非表示にする裏技を教える前に、再生回数を非表示にするメリットはあるのでしょうか?

個人的の意見になりますが、私は十分にメリットはあると考えています。

YouTube上ではチャンネル登録者数や再生回数の多さ=動画の信頼性になっています。

なぜなら、YouTubeの動画を再生する前に分かる動画の情報には

  1. 動画のサムネ
  2. 動画のタイトル
  3. 動画の再生回数
  4. 動画投稿者の登録者数

以上の4つが再生する前に分かりますが、「動画のサムネ」と「動画のタイトル」は投稿者によって自由に決めることが可能です。

そのため、サムネとタイトルだけ良い内容を用意して動画本体は価値のないものを投稿している方も非常に多いです。

そのような釣り動画とも言える動画を再生してしまうと、視聴者は時間を無駄にしてしまうため、他者からの評価である「動画の再生回数」と「動画投稿者の登録者数」で本当に価値のある動画を投稿しているのか判断します。

つまり、みんなが登録したり、再生している動画は「面白い」「社会的評価をされている」と視聴者は考えます。

そのため、クオリティの高い動画を作っていても動画投稿初期の段階では全然再生されません。

そこで、他者からの評価である「動画の再生回数」と「動画投稿者の登録者数」を非表示にすれば、視聴者はサムネイルを見たときに動画の価値を判断する材料が以下の二つのみになります。

  1. 動画のサムネ
  2. 動画のタイトル

上の二つのみが動画を再生するかどうかの基準になれば、投稿者の頑張りしだいで動画の再生回数を大幅に増やすことが可能です。

したがって、動画投稿初期の方や全然伸びていない投稿者であれば、動画の再生回数を非表示にするメリットは十分にあります。
【関連記事】登録者数非表示のメリット&デメリットを解説

スポンサーリンク

動画の再生回数を非表示にする裏技

今から紹介する裏技はスマートフォン向けの「YouTubeアプリ」でのみ、動画の再生回数を非表示にすることができ、pcやブラウザ上でYouTubeを再生する視聴者には動画の再生回数は表示されます。

では、動画の再生回数を非表示にする方法を解説します。

やり方は意外にも簡単で、YouTubeアカウントの名前を46文字以上にすることです。

YouTubeアカウントの名前変更は以下の手順で可能です。

  1. YouTubeにログインし、YouTubeStudioを開く
  2. 右の「カスタマイズ」から「基本情報」をクリック
  3. 「チャンネル名と説明」が表示されるので、名前を変更
  4. 変更後、右上にある「公開」を押すと変更完了
  5. *実際に反映されるまでには時間がかかる

なぜ46文字以上だと再生回数が非表示なるのかというと、YouTubeアプリで関連動画に表示される動画の再生回数の表示は「チャンネルのアカウント名」+「再生回数」+「投稿時期」を合わせて46文字までしか表示出来ないからです。

実際にチャンネル名が46文字以上ある「悪の秘密ぼっち「ヘライザー総統」と言う名のファンタジー【時事ネタ・YouTuberネタ・芸能情報】」さんはYouTubeアプリで表示される動画には再生回数が映っていません。(下画像)

チャンエル名46文字以上

そのため、再生回数を非表示にしたい場合はチャンネル名を46文字以上にすることで可能です。(一部端末によって文字数の誤差あります)

ちなみにpcで関連動画に表示され場合は下画像のようにチャンネル名が省略されるので効果はありません。(追記:YouTubeショートでも効果はありません)

チャンネル名46文字以上でも表示

しかし、現在のYouTubeはスマホから動画を見ている視聴者が圧倒的に多いため、十分な効果はあると考えられます。

また、再生回数を非表示にするだけでなく、46文字以内でチャンネル名を工夫することで偽の再生回数と投稿時期を表示することも可能です。

スポンサーリンク

再生回数非表示のデメリット

ここまでで、YouTubeアプリ上であれば動画の再生回数を非表示に出来ることを解説しました。

しかし、この裏技で動画の再生回数を非表示にするのにはデメリットが存在します。

主に考えられるデメリットは以下の4つがあります。

  • 簡単にバレてしまう
  • チャンネル名が長すぎる
  • アップデートで表示変更の可能性がある
  • インプレッション数が増える訳では無い

簡単にバレてしまう

46文字以上にすることでYouTubeアプリの関連動画に表示されたときは再生回数が非表示になりますが、チャンネルページにアクセスするとチャンネル名が一番上に表示されているので動画のサムネにチャンネル名が付きません(下画像)

チャンネルページでは再生回数が非表示にならない

そのため、簡単にバレますし、実際に動画を再生すれば本当の再生回数が表示されます。

したがって、非表示に出来ると言っても完全な非表示に出来るわけでは無いのでよく動画を見ていれば簡単にバレます。

チャンネル名が長すぎる

チャンネル名が長すぎると、せっかく新規の視聴者が動画を見てくれてもチャンネル名が長すぎて覚えられない可能性があります。

また、チャンネル名が長いとYouTubeStudioでアカウントを切り替えるときに押す「▷」と文字が重なるので非表示に見えづらいです。

その他の場面でもチャンネル名が操作ボタンと重なって、見えにくくなることがあるので操作性が少々落ちてしまします。

アップデートで表示変更の可能性がある

約の2,3年の間でYouTubeの動画の表示方法は大きく変わってきました。

昔は今よりもサムネの表示が小さかったですが、年々大きくなってサムネ内の細かい文字まで読めるようになっています。

このようにYouTubeはユーザーの使いやすさ向上のために、日々アップデートを行っています。

そのため、今は46文字以上で再生回数を非表示に出来ますが、時が経てばサムネ内に再生回数が表示されるかもしれません。(動画時間みたいに)

インプレッション数が増える訳では無い

YouTubeで動画を伸ばすのに最も大事なことはYouTubeで動画の表示回数を増やすこと=インプレッション数を増やすことです。
【参考記事】インプレッション数が減った理由を解説

動画のクリック率や視聴者維持率を多くのYouTuberが上げようとしているのも、全てはインプレッション数に繋がっているからです。

しかし、動画の再生回数を非表示にすることは明確にインプレッション数への影響があるわけではありません。

確かにクリック率は多少上がるかもしれませんが、現在インプレッション数で最も大事なのは視聴者維持率です。

動画を再生すればすぐに本当の再生回数が分かる状態では、視聴者は簡単に離脱してしまうため視聴者維持率が下がってしまいます。

そのため、再生回数を増やすために再生回数を隠しているのに、インプレッション数を減らしてしまって再生回数が増えないようになってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

チャンネル名を46文字以上にすることでYouTubeアプリ上では再生回数を非表示に出来るが、デメリットも存在するため考えてから非表示にすべきです。

また、下の記事ではタグに関係ないタグを追加して効果があるのか実体験を元に解説しています。
Youtubeの動画に関係ないタグは入れても良い?

合わせて読むとオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました