【裏技】動画の再生回数を非表示にする方法を解説【YouTube】

【裏技】動画の再生回数を非表示にする方法を解説【YouTube】YouTubeよくある悩み

この記事は下記の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • 自分の動画の再生回数を非表示にしたい!
  • 再生回数が分からない方が動画って伸びるんじゃない?
  • 再生回数が少なくて恥ずかしいから非表示にしたい…

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

動画投稿とブログ運営をしている普通の若者男性。
白黒解説氏は登録者3万人、累計再生回数は2000万回超え。
ブログは月間13万PV達成!お仕事などはTwitterのDMへ。

ちゃすく(cHask)をフォローする

YouTubeへ動画投稿を始めたときは誰でも再生回数が1桁で止まってしまうことが多く、再生回数を非表示にしたい投稿者も多いと思います。

そこで、この記事では動画の再生回数を非表示にする裏技を解説します。

ちゃすく
ちゃすく

あくまで裏技なので自己責任でお願いします

動画投稿で役立つ機材・サービスを紹介!
\知らないと他の投稿者と差が開くかも/知らないと損!動画投稿で役立つオススメの機材・サービス一覧【サイトまとめ】

スポンサーリンク

再生回数を非表示にするメリット

まず、再生回数を非表示にする裏技を解説する前に、はたして再生回数を非表示にするメリットはあるのでしょうか?

個人的な意見になりますが、私は十分にメリットはあると考えています。

なぜなら、YouTube上ではチャンネル登録者数や再生回数の多さ=動画の信頼性になっているからです。

Canvaで作成

視聴者は再生前に4つの情報を見る

YouTubeの動画を再生する前に分かる情報には下記の4つがあります。

  1. 動画のサムネイル
  2. 動画のタイトル
  3. 動画の再生回数
  4. チャンネルの登録者数

上記4つの中で「動画のサムネ」と「動画のタイトル」は投稿者によって自由に決めることが可能です。

そのため、サムネとタイトルだけは魅力的な内容を用意し、動画本体は価値のない内容を投稿している人も非常に多いです。

そのような釣り動画を再生してしまうと、視聴者は時間を無駄にします。

そこで、他者からの評価である「動画の再生回数」と「チャンネルの登録者数」から、本当に価値のある内容なのか無意識下で判断しています。

つまり、多くの人がチャンネル登録し、たくさん再生されている動画は「面白そう」「社会的に評価されているだろう」と視聴者は考えます。

もしも再生回数や登録者数が少ないと…

逆に言えばチャンネル登録者数が少ない動画投稿初期の段階だと、クオリティの高い動画を投稿してもなかなか再生されません。

ちゃすく
ちゃすく

バズるまで2ヶ月以上かかるケースもある↓

そこで、他者からの評価である「動画の再生回数」と「チャンネルの登録者数」を非表示にします。
そうすれば視聴者がサムネイルを見た時、動画の価値を判断する材料は下記の2つのみになります。

  1. 動画のサムネ
  2. 動画のタイトル

上記2つのみが動画を再生するかどうかの基準になれば、投稿者の頑張りしだいで動画の再生回数を大幅に増やすことが可能です。

したがって、動画投稿初期の人や全然伸びていない投稿者であれば、動画の再生回数を非表示にするメリットは十分あります。

ちゃすく
ちゃすく

登録者についてはこちらへ↓

スポンサーリンク

動画の再生回数を非表示にする裏技

今から紹介する裏技はスマートフォン向けの「YouTubeアプリ」では、動画の再生回数を非表示にできます。
しかし、pcやブラウザ上でYouTubeを再生する視聴者には動画の再生回数が表示されます。

再生回数を非表示にする具体的な手順

では、動画の再生回数を非表示にする裏技を解説します。

やり方は意外と簡単であり、YouTubeアカウントの名前を46文字以上にすることです。

YouTubeアカウントの名前変更は下記の手順で可能です。

  1. YouTube(PC版)にログインし、YouTubeStudioを開く
  2. 右の「カスタマイズ」から「基本情報」をクリック
    チャンネルの名前変更
  3. 「チャンネル名と説明」が表示されるので、名前を変更
  4. 変更後、右上にある「公開」を押すと変更完了
  5. ※実際に反映されるまで、時間がかかる場合もあります

なぜ再生回数が非表示になるのか

なぜアカウント名が46文字以上の場合は再生回数が非表示なるのかというと、YouTubeアプリで関連動画などに表示される動画の情報は「チャンネルのアカウント名」+「再生回数」+「投稿時期」を合わせて46文字までしか表示出来ないからです。

実際にチャンネル名が46文字以上ある「悪の秘密ぼっち「ヘライザー総統」と言う名のファンタジー【時事ネタ・YouTuberネタ・芸能情報】」さんはYouTubeアプリで表示される動画には再生回数が映っていません↓

チャンエル名46文字以上
引用元:https://www.youtube.com/channel/UCOOt1AsvDZoav6XjN6Tly1g

そのため、再生回数を非表示にしたい場合はチャンネル名を46文字以上にすることで可能です。

ちゃすく
ちゃすく

端末によって少し文字数の誤差があるので注意

ちなみに、pcで関連動画に表示された場合は下画像のようにチャンネル名が省略されるので効果はありません。

チャンネル名46文字以上でも表示
引用元:https://www.youtube.com/channel/UCOOt1AsvDZoav6XjN6Tly1g

しかし、現在のYouTube利用者はスマホから動画を見ている人が圧倒的に多いため、十分な効果はあると考えられます。

また、46文字以内でチャンネル名を工夫することにより、再生回数を非表示にするだけでなく、偽の再生回数と投稿時期を表示することも可能です。

スポンサーリンク

再生回数非表示によるデメリット

ここまでYouTubeアプリ上であれば動画の再生回数を非表示に出来ることを解説しました。

しかし、この裏技で動画の再生回数を非表示にすることにはデメリットが存在します。

主に考えられるデメリットは下記の4つになります。

  • 再生すれば簡単にバレてしまう
  • チャンネル名が長すぎる
  • アップデートで表示変更の可能性がある
  • インプレッション数が増える訳では無い

再生すれば簡単にバレてしまう

46文字以上にすることで、YouTubeアプリの関連動画に表示された時は再生回数が非表示になります。

しかし、チャンネルページにアクセスすると、チャンネル名が一番上に表示されているので動画のサムネにチャンネル名が付きません↓

チャンネルページでは再生回数が非表示にならない
引用元:https://www.youtube.com/channel/UCOOt1AsvDZoav6XjN6Tly1g

そのため、普通に再生回数が表示されるので簡単にバレますし、実際に動画を再生した場合でも本当の再生回数が表示されます。

したがって、「非表示に出来る」と言っても完全な非表示に出来るわけではありません。
よく動画を見ていれば簡単にバレます。

チャンネル名が長すぎる

チャンネル名が長すぎると、新規の視聴者が動画を再生しても、チャンネル名が長すぎて覚えてもらえない可能性があります。

また、チャンネル名が長いとYouTubeStudioでアカウントを切り替えるときに押す「▽」とチャンネル名が重なります。

ちゃすく
ちゃすく

下画像の赤丸部分↓

赤丸部分が押しにくくなり、チャンネルを切り替えられない不具合が発生します。

その他の場面でもチャンネル名が操作ボタンと重なり、見えにくくなります。
そのため、YouTubeの操作性が少々落ちてしまいます。

アップデートで表示変更の可能性がある

約2、3年の間でYouTubeが動画を表示する方法は大きく変わってきました。

昔は今よりもサムネの表示は小さかったです。
しかし、年々サムネの表示が大きくなり、今ではサムネ内の細かい文字まで読めるようになっています↓

【転売ヤー爆死】有名企業の神がかり的な努力によって爆死した転売ヤーをゆっくり解説#転売ヤー爆死

このようにYouTubeはユーザーの利便性向上のために、日々アップデートを行っています。

そのため、今は46文字以上で再生回数を非表示に出来ますが、時が経てばサムネ内に再生回数が表示されるかもしれません。

インプレッション数が増える訳では無い

YouTubeでバズる為に最も大事なことは動画の表示回数を増やすこと=インプレッション数を増やすことです。

多くのYouTuberが動画のクリック率や視聴者維持率を上げているのも、全てはインプレッション数を増やすことに繋がっているからです。

インプレッション数が増えると再生回数が増える

インプレッション数が増えれば自然に再生回数も増えます。
そこで、YouTuberたちは試行錯誤してインプレッション数を上げようと必死に頑張っています。

しかし、動画の再生回数を非表示にすることはインプレッション数への直接的な影響がありません。

再生回数の非表示によってクリック率は多少上がるかもしれません。
しかし、インプレッション数へ最も影響するのは総再生時間であり、総再生時間を増やすために必要な要素は視聴者維持率です。

ちゃすく
ちゃすく

視聴者維持率はこんなの↓

視聴者が動画を再生した時に本当の再生回数が分かる状態では、早い段階で動画から離脱する危険性があります。

もし視聴者が即離脱すると、視聴者維持率が大きく下がってしまいます。

再生回数を増やすために隠しているのに、結果的にインプレッション数を減らしてしまい、再生回数の減少に繋がる可能性もあります。

スポンサーリンク

他の動画投稿者はこんな記事も読んでいます

当ブログ「ちゃすろぐ」ではYouTubeや機材について執筆しています。
他の動画投稿者が確認した記事もぜひチェックしてください。

ちゃすく
ちゃすく

シェアやブックマークもよろしく!

タイトルとURLをコピーしました